京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

痛いとき、アイシングしていますか?

あなたは腰や首などを痛めた際、
患部を冷やしていますか?温めていますか?
めいじゅ鍼灸整骨院では、痛む場合しっかりと冷却するよう指導しています。他院では血行促進を目的として温めるよう指導するところもありますが基本的に冷やしたほうが治癒を促進させます。
当院でよくあるアイシングQ&Aについて分かりやすく解説して参ります。

アイシングQ&A

なぜ温めたらダメなの?
ヒトの体はタンパク質と水でできています。卵を温めると40度くらいで変化していきます〈ゆで卵状態)。ヒトの体も卵と同様にタンパク質ですので、熱に非常に弱く変性してしまうと元に戻ることはありません。
ですので炎症をおこした際には熱をとる、ということが大切です。

シップやアイスノンではどうしてダメなのか?
シップは表面上冷たく感じる程度のものであり、損傷部の炎症をとるほどの効果はありません。アイスノンは基本的にマイナスの温度のため逆に熱を閉じ込め、熱の移動をスムーズにおこなえません。
また凍傷のリスクがあります。かといってタオルを巻いて行うと効果がみられなくなります。当院では安全で効果的な方法として氷嚢での罨法を指導しております。

温めると気持ちいいのはなぜか?
あたためると体感として気持ちよく、一瞬痛みが軽減したように感じます。
ですがそれは温めると神経の作用が緩慢になるためです。
炎症がおこっているところを温めるということは、火に油を注いでいる状態です。症状は悪い方向へ向かいます。

とこのように多くのご質問をいただきますが、このアイシングQ&Aをお読みいただき、ご理解を深めていただきたいと思います^^

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP