京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

デスクワークの方に多い腰痛症

デスクワークの方にもっぱら多いのが腰痛、ぎっくり腰、お尻から脚までのシビレです。長時間にわたる座り姿勢や不良姿勢などによる過度の負荷で、身体に負担がかかり強い痛みを引き起こすことがしばしばあります。

デスクワークの方にとって、腰痛は職業病のようなものです。
今回は腰痛に対しての正しい知識と、その予防法について解説して参ります。

 

座り仕事に多い腰痛の原因は?

まずデスクワークの方の多くは、猫背などの姿勢の問題により腰に負担がかかりやすく、また運動不足や筋力不足により長時間の負荷に耐えられなくなってしまっているケースがあります。
なにより一番の原因は骨盤の関節への過度の負担によります。
長時間の座位での作業は、骨盤の仙腸関節という関節にかなりの疲労を与え強い炎症を引き起こします。
その炎症が身体の動きの中心である関節を固まらせ、動きを悪くします。
これが原因となり腰の筋肉に負担がかかり症状を引き起こしてしまうのです。

腰痛を防止するための3つのポイント

①正しい座り方を覚える
骨盤を寝かさずに立てて座るよう気をつける。
お尻の坐骨部分で座ると腰への負担が減ります。
さらに円座を使うことで負担を軽減できますので是非お試し下さい。

②骨盤・筋肉のストレッチをする
骨盤の周りや、腰、脚周りの筋肉に毎日ストレッチをくわえる。
当院ではさらに骨盤の骨に対するストレッチ・トレーニングを指導いたします。

③休憩時間には歩くようにする
歩くことでヒトの身体は正常な状態を保とうとします。
骨盤の軽い自己調整をしてくれる歩行はとてもオススメです。

以上のことを、お仕事の休憩時間やお仕事終わり等の合間に意識して行っていただければと思います。また、筋力が弱くなってきている方や、日頃からの歩行不足の方も腰痛を引き起こす対象となっています。

適度な運動を普段から心掛けると良いでしょう^^

 

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP