京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

産後の骨盤の状態とは

出産したあとの骨盤の状態はとても不安定でホルモンの作用で数ヶ月は様々な関節や骨盤は緩んでいく状態にあります。
赤ちゃんが出てくるときには骨盤が開いてしまい関節のネジ穴がうまくかみ合っていない状態になってしまい、ほっておくとそのまま関節が固まってしまいます。

 

骨盤矯正は必要なのか?

結論からいうと骨盤矯正は必要です。
なぜなのかというと先ほどの説明の通り骨盤の関節が数ミリ開いてしまうだけでも正しい歩行ができずに身体の様々な関節、筋肉にも負担がかかり痛みがでることがありますし、のちに年を重ねた際に関節の変形にもなります。
また正しい動きが出来ないことにより産後太りが解消されない、内臓にも影響を及ぼすといった可能性もでてきます。ですので出産後の骨盤矯正はかならず行うことをおススメいたします。

はじめての出産なら尚更です

まずはじめての出産をご経験されて骨盤が通常よりもこわれた状態になってしまいます。その後の生活を快適に送っていただく為にもしっかりと骨盤のケアをして頂きたいということと、もう一人出産をされるという希望があるのであれば尚更しっかりと骨盤を矯正することをオススメします。
仮に壊れてほっておいた状態で2人目の妊娠~出産に臨んださいに身体に受けるダメージは1人目のときよりも大きいのは想像できることだと思います。治療にも時間と費用がかかってしまうことでしょう。
しっかりと2人目のお子様を出産できる身体に整えていくことが何よりも大事です。

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP