京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

本当にそれ骨盤矯正??

 

女性の方は特にですが日常のクセによる骨盤のゆがみや出産後の開き、雑誌、テレビなどで骨盤の特集を見て気にされている方がたくさんおられることと思います。

当院でも女性患者様が多く産後の方のお悩みにたいして施術を多くおこなっております。

私自身この業界に入ってから骨盤の施術については現在も勉強をし続けており沢山の骨盤の矯正を習得して良い所・悪いところを見てきました。

なかにはまったく効果がなくて使えないなという経験もしてきました。

 

これから骨盤の矯正をうけてみたいという方のほとんどが何が良くて・何が悪いのか・どう違うのかがまったく分からないと思います。

いざ施術をうけに行っても施術者から丁寧に説明してもらったら信じてつづけるしかありませんよね。

今回はそのような方の為に骨盤矯正のウソ・ホントというと大げさになりますが、どのようなものがあり・どういうメリットやデメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

 

 

骨盤矯正の目的とは

骨盤矯正 効果

日常の動作や事故、運動や尻もち、出産や仕事のクセなどによって骨盤は炎症を起こして潤滑に動かせないようになり身体の様々な部分に負担がかかり症状がおこるため、いわゆる仙腸関節という骨盤のつなぎめの部分を正常にうごかせるようにすることを目的としておこなっていきます。

ですがいわゆる骨盤が歪むやズレルということはまずございません。

一般的には骨盤の歪みやズレているものを真っ直ぐにするというイメージがありますが、ずれるというのは脱臼という状態ですので通常ではありえません。

 

多くは骨盤の関節の潤滑がなくなり(油切れのようなもの)動きが固まっているものや、

関節が少しゆるんでいるような状態になっていることがあります。

そこをしっかりと施術すれば見た目上のゆがみなどはなくなってきます。

あくまで「骨盤はズレない」という認識でいてもらうことをおすすめします。

そういう説明を受けた際には一度思い出してもらいたいとおもいます。

 

 

産後の骨盤矯正の種類

私もたくさんの産後や腰痛などの患者さんをみてきてきました。

患者さんが以前にうけた治療で壊されたからだの反応や、私自身が数年間で習得した技術・知識から様々な骨盤矯正のいいところ・悪いところを解説いたします。

ボキボキ矯正

ボキボキするような矯正は基本はおすすめはしておりません。
されている感じはあると思いますし、やられた後は動きは良くなっているように感じますがボキボキ矯正を受けてこられた患者様のお身体の状態として非常に不安定になっておられます。
動きを無理につけるので一時の動きやすくなる良い点もありますが、関節が不安定になる悪い点もございます。不安定になった骨盤を修復するには長期間の治療が必要です。

矯正ベッドによる施術

施術者自体にも負担が少なく軽い刺激でおこなえるので、患者さんの体感的にも楽に受ける事ができて効果も一時的にですが感じる事ができます。

まれに合わない方もいますのでそのような方は施術者に相談されるべきです。

ストレッチ骨盤矯正

骨盤の周りの筋肉をストレッチするような骨盤矯正をされる治療院もあります。
基本的にはお尻や太ももの筋肉に対してのストレッチですので気持ちよく感じるという良い点はあるとは思いますが、骨盤の関節の治療にはなってはいません

ストレッチ=筋肉にたいしてのアプローチです。

 

めいじゅ式骨盤矯正(おすすめ)

骨盤矯正

産後の開いた骨盤の関節部分の治療をおこないます。
骨盤の関節の軟骨はネジ穴のような構造になっており、緩んだり・ネジ穴が壊れたりしているのでしっかりと油をでるようにしてネジ穴の調整をおこなっていきます。
骨盤の矯正というからにはしっかりと関節の治療を目的としておこなうべきです。

このネジ穴を締めなおすことにより身体のゆがみや他の関節への影響を正常化していくことが可能となります。

 

このように骨盤矯正にも様々な種類があり、良い点、悪い点、恐い点などがあります。

ハードなものは身体を壊す危険性があり、ある程度誰でもできるような技術は一時的なその場かぎりの効果で終わることもあり、なかには骨盤矯正といっているのにもかかわらず骨盤の関節にアプローチすらしないものもあります。

 

なかには骨盤のまわりの筋肉を軽くマッサージして「バランス整いましたよ~」なんてものもあるみたいですね・・・

ここで当たり前のようなことですが、皆さまが治療したいのは骨盤という関節であって骨盤のまわりの筋肉をゆるめたいというものではないと思います。

そのあたりをふまえて慎重に骨盤矯正選びをしてみてください

 

骨盤と身体の関係

骨盤

骨盤というと姿勢に関係するくらいかな?

と思われていることでしょう。

 

ところが身体の動かすさいには骨盤の動きが弾みになり力がつたわり身体の様々な場所が動いたり、重力を感知する為にもとても大事な働きをしているため骨盤が壊れているとバランスがとりづらく身体が補正しようとして歪んでみえたり歩いているだけでも正常な動きができずに少しずつ関節や筋肉に負担をかけて痛めてしまいます。

 

また尻もちをついての骨盤の強打や膝をつよく打ちつけてしまうことにより骨盤の関節部分の軟骨が損傷して動きが固まってしまったり、不安定になることにより身体に悪い影響がでてしまうこともあります。

このようなケースはそのときは全然大丈夫だったと感じることがありますが、数年経ってから症状が出てる事がよくみられます。

 

自分でできる骨盤と背骨の運動(リセット法)

 

簡単におこなえる骨盤のケアとしてよつばいでの運動をオススメします。

骨盤の状態が悪くなると悪循環がおこり背骨の動きも悪くなりますのでよつばい運動をおこなうことにより骨盤・背骨の潤滑をよくして少なからず骨盤矯正の効果をえることができますので継続しておこなってみて下さい。

四つばい運動

四つばい運動をすることにより壊れて油切れが起こった関節の潤滑をよくして滑らかに動くようになり筋肉も関節も柔軟性を取り戻すことができます。

やり方
IMG_2168

よつばい
まず腕をのばした状態で両手と両膝をついて四つばいになります。
次に顔を上げていく際に背中を無理のない範囲で反らす、次にお腹を見るように顔をさげて背中を丸めていきます。
目安として前後を1回として 10回を1セット 1日3セット行うようにして下さい。
あくまでおこなうさいには無理のない範囲でお願い致します。

 

歩く

次にもっとも効果的な運動で「歩く」ということです。
歩くことにより骨盤自体の潤滑がよくなりそれだけで骨盤のケアになり骨盤や股関節を強くしていきます。さらに腕を後ろに振ることで肩関節周りのケアにもなりますので上半身も整ってきます。

やり方

歩く

・歩く際には肘を90度にして親指を立てながら小股で歩いて下さい
・顎を少しひいて遠くを見ながら歩く

 

 

骨盤を壊さないためのケア

 

日常的に骨盤をアイシングをおこない炎症がたまらないようにすることが大事です

アイシングのおこない方

それでは次にアイシングの正しい方法を解説いたします。
当院にご来院いただいた方にはその症状にあった氷嚢をあてるポイントや姿勢などを指導させていただいております。
すぐにでも冷やしたいという方はぜひ参考にしていただければと思います。

IMG_2157
横向き
まず骨盤の後ろに(仙腸関節)に氷嚢をあてて下さい。
楽な体勢もしくは痛みが強い部位を上側にして横向きで寝て行って下さい。
横向きなどでおこなう際には骨盤ベルトやベルトを使って氷嚢を挟み固定するなどの工夫をすると楽にアイシングを行うことができます。

アイシングの時間は最初は15~20分ほどを行う。
専門家の指導ない場合はあまり無理なく長時間あてるようなことはしないで、小まめに時間を少し空けながら繰り返し患部冷却をおこなってください。

アイシングの姿勢

アイシングを行う際は、うつぶせでおこなうと腰に負担がかかり痛みが強くなることがあります。
基本的に横向きが大丈夫であれば、痛みの強い部位を上にむけて横向きに寝て下さい。
痛みの強いほうを下にしてしまうと炎症がつよくなり治癒が遅くなる可能性があります。
腕の下や膝の間にクッションをはさむとリラックスして楽な状態でアイシングを行うことができます。

 

 

まとめ

今回は骨盤矯正をうけてみたいけどどうしようかと悩んでいる方の為に、どんなものがあるのか・メリット・デメリット・どのような目的があるのかなどを中心に解説いたしました。

特にご理解いただきたいのは無理に捻ったり・音がするぐらい捻るような矯正は身体を壊すこともあるし骨盤矯正といいながら関節にアプローチしないというものもあるという点を押さえておいてください。

できるだけ安心安全にソフトな関節の矯正をうけることをオススメいたします。

さらにしっかりと日常の骨盤のケアを指導してもらえることも大事なポイントとなりますがストレッチ位しか教えてもらえないところが多いみたいですのでそのあたりも初回に聞いて見るのもいいかと思います。

 

京都市南区の西大路にありますめいじゅ鍼灸整骨院では、けしてボキボキせずに痛みのない安心・安全な施術を心がけております。関節に対しての施術をしっかりとおこない滑らかに動かせる関節を作ることを目的におこなっています。

骨盤に何かお悩みや症状があればどのようなことでもお気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP