京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

毎日気軽にカンタンに行うことのできるヘルニア予防体操

繰り返しの動作、不良姿勢での作業、日常の家事、過度の運動、激しいスポーツ…etc、ヘルニアになってしまう要因は様々です。

腰痛やヘルニア予防の為に、ストレッチをされる方はたくさんいらっしゃることでしょう。
もちろんストレッチをすることは身体にいいことですのでぜひ全身のストレッチは継続していただきたいと思います。
しかし、それだけでは少しケアが足りません.

普段行っている筋肉を伸ばすストレッチ+骨のトレーニング、当院では「骨トレ」とよんでいますが、この骨トレを合わせて行っていただきたいのです。

1セット10回!  2セット行うと効果的

カンタンにいうとピラティスなどにもよくある猫のポーズです。
ただし当院では、あくまで筋肉のストレッチ感を重視するのではなく骨盤と背骨部分への動かし方の意識づけをしっかりして行っていただきます。
他にもコツや細かいポイントもあるのですが、まずは難しく考えずに1週間行ってみて下さい。

なぜこの運動をするのか?

ヘルニアを起こす方の多くは骨盤から背骨にかけての関節が硬く、滑らかに動かせすことの出来ない方がほとんどです。関節が十分に動かせないと同じところに負荷がかかってしまい、椎間板にも悪い影響を与えヘルニアになってしまいます。
筋肉を一生懸命ストレッチしても支点となる関節が動いていなければ、せっかくの頑張りも効果が半減してしまいます。

 

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP