京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

ヘルニアは牽引でよくなるのか?

椎間板ヘルニアと診断され、坐骨神経痛や腰からお尻までの痛みなどで悩まれている方がめいじゅ鍼灸整骨院にはたくさんご来院されています。
中でも病院で画像診断をしてもらいそのまま牽引(けんいん)を勧められ、長期間受けていたが良くならないので相談に来たという方が多くみられます。
そこで今回はヘルニアの牽引施術での効果について解説して参ります。

ヘルニアが痛みの原因?

ヘルニアとは椎骨(背骨)の間にある軟骨のクッションから、中の髄核が飛び出した状態になり神経を圧迫して痛みやしびれが起こっているとされ、ヘルニア=手術と思っている方がたくさんおられます。もちろんヘルニアが痛みの原因のパターンもあります。
しかし最近ではヘルニアでも痛みのない方が多くいることや、ヘルニア手術後も症状が変わらないことが多々あり、ヘルニア=痛みの原因ということでもないということが少しずつ分かってきています。現に当院でもヘルニアで来院されても他の部位に原因があり、ヘルニアがあっても痛みが改善されるということもあります。
本当に危険な場合は医科への受診をオススメする場合がございます。

牽引治療は良くなるんでしょ?

あくまで私の見解ですが「NO」です。
まったく改善しないとは言いませんが、私の経験上牽引施術でヘルニアの症状が改善した方をあまり見たことがありません。
牽引をする理論としてひっぱって腰の筋肉を伸ばしたい、椎間板を伸ばしてとびだしたところを凹ませたい、という目的だと思うのですが…
そもそも椎間板とヘルニアの構造自体が、伸ばしてどうにかなるような仕組みになっていません。

ではどうすればヘルニアが良くなるのか?
それについてはまた後日お伝えいたします。

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP