京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

病院に行きレントゲン・MRIを撮り医師からヘルニアと診断されて、つらい症状が治まらないまま日々の仕事で長時間の座り仕事や座りながらの家事などを頑張るとさらに痛みやつらいシビレが増してくる。
悪循環で仕事の効率が悪くなる、家事をおこなえなくなってくる、毎日このようなことがおこるとストレスがたまり気が滅入ってくると思います。

「少しでも腰の負担を減らす座り方を知って早くヘルニアの症状を治したい!」
と思っている方も多くおられることでしょう。

今回はヘルニアを早く治すために仕事中の座り方や普段の座り方の注意点を解説していきます。

 

 

ヘルニアと座り方の関係

はじめになぜ座り方が悪いとヘルニアになってしまう恐れがあるのか?
という理由について解説していきます。

まずは立っている時の姿勢のときより座っているほうが背骨にかかる負担は大きいということがあります。立っているときは足底や足首・膝関節などにより身体にかかっている重力(体重)を分散できますが、座っている時には骨盤部で直接重力(体重)をほぼうけている状態になるので骨盤から背骨にかけての負担は大きくなります。
とくに長時間の座り仕事(デスクワーク)や作業をする方にとっては「座り方」は身体を壊さない為の大事な方法といえます。

悪い姿勢で座っていると骨盤の関節部分に炎症がおこり、炎症を放置していると関節の油が切れた状態になり動きが悪くなったり固まってしまうこともあります。さらにその状態を放置しておくと身体がバランスをとろうとして背骨が歪んだような状態になります。
この歪んだような状態が椎間板に負担をかけて椎間板ヘルニアを引き起こしているのです。今現在ヘルニアで悩んでいる方も単なる腰痛程度だと油断されている方もこれ以上椎間板に負担をかけないような座り方をして身体を良い方向へと導いていきましょう。

 

 

ヘルニアの時に気をつけるべき座り方

次にヘルニアの際の座り方で気をつけるべきことを解説していきます。
先ほども解説したとおりヘルニアになった際に椎間板が飛び出したところばかりに目を向けがちですが、まず考えなければいけないのはなぜ椎間板が飛び出すような身体の状態なのかということを考えて下さい。
まず様々な要因で骨盤に過度の負担がかかり身体が壊れてヘルニアになるような身体のバランスになっているので、長時間座位をする方はこの「骨盤への負担」を減らす必要があります。

 

ヘルニアに悪い座り方

IMG_3082座る際に仙骨を押さえつけて座ってしまうと骨盤部分に過度の負担がかかり炎症が起こってしまいます。また身体の重みが腰にも集中してかかりますのでヘルニアだけでなく、ギックリ腰・狭窄症・仙腸関節炎などなどにつながっていきますのでご注意下さい。

 

 

ヘルニアに良い座り方のポイント

ヘルニアの原因である骨盤への負担をへらす座り方のポイントとして「坐骨で座る」ということを意識して下さい。お尻をさわるとボコっとあたる感覚があると思います。
これが坐骨です。
坐骨で座ることにより仙骨への負担を減らしてかつ立っている時に近いからだの状態でいることができます。さらにポイントとしては足の裏は足先から踵まで浮くことなくピッタリとくっついた状態で座ることによって体重を分散することができてさらに負担を減らすことができます。踵が浮いているようなすわり方は体重の全てを骨盤でうけているのでいかに坐骨で座っていても炎症はたまっていきますのでお気をつけください。
あごが上り気味の方は少し引くとさらに骨盤が立ちやすくなります。

※座椅子に座るさいにさらに腰・骨盤の負担を軽減したい場合にはイスとお尻の間に座板(ドーナツクッション)をいれてください。座板(ドーナツクッション)を使うことにより仙骨・坐骨への負担を減らすことができますのでお試し下さい。
腰の部分にクッションを噛ませると腰が伸ばしやすくなります。
また座板で/あまり分厚いものは坐骨神経痛が出ている際には当たって痛いという場合もありますので、お試しで安いもので十分対応できます。

ヘルニア 座り方

 

 

 

正しく座るためのイスの高さ

ここまでで骨盤を立てて坐骨で座るということがとても大切だということがおわかりいただけたと思います。しかしどのようなイスでもいいのかと言われればそうではなく、その方の生活環境などでも身の回りにあるイスが様々ですので解説していきます。

 

「高いイス」の場合

座るときには足の裏全体が地面につくことによって重力(体重)が分散されて骨盤や腰への負担を減らすことができます。
つまさきの着かないような高いイスにすわると重力(体重)が分散されることなく直接骨盤だけで身体をささえるような状態になり過度の負担になります。
また自然と骨盤が後ろに倒れやすくなり坐骨で座り難いですので高いイスで座ることは避けましょう。

 

 

「低いイス」の場合

低いイスの場合は骨盤が後ろに傾かせながら座りがちですが、骨盤を立てて坐骨で座るということに関しては高いイスよりもおこないやすくなってます。
足の裏をつけて90度以上に膝と股関節を屈曲することで坐骨で座るということが出来るので高いイスで座るよりかは低いイスで骨盤を立てて座ることをオススメします。

 

 

「正しい高さ」のポイント

正しいイスの高さのポイントは膝関節と股関節が90度になり足の裏全体がしっかりとつくようにしてください。デスクワークの方は机に肘を突いた際に角度が90度の状態であるようにしてください。

 

 

 

その他さまざまな座り方について

そのほかにも床への座り方も様々有りますので解説いたします。

あぐら座り・体育座りは直接仙骨の部分ですわることになりますので骨盤に負担がかかってしまい骨盤を壊してしまいます。しかしあぐらの場合には座板(クッション)を入れて座ることにより骨盤を立ててすわることができます。

正座は仙骨を直接地面に当てることなく座ることができるので短時間であればおすすめします。

 

ヘルニアの方が長時間座る際にするべき悪化させない対処法

①歩く

歩く
長時間の座位が続くと骨盤の関節部分に炎症が起こり潤滑が悪くなって動かしづらくなり積み重なるとヘルニアの悪化にも繋がってきますので1時間に1回軽く5分ほど歩いて固まった関節を動かし潤滑を良くしていきましょう。
歩くことで骨盤だけでなく股関節と背骨自体の動きも良くして悪化を防ぎます。

②四つばい運動
IMG_2168
よつばい
これも同じく骨盤の潤滑と背骨全体の固まっているところを動かして潤滑をよくしていきます。四つばいが出来る環境であるならば是非おこなってほしい運動です。

【四つばい運動のやり方】
・手をふんわりとついて膝もつき四つばいになります。
・顔を上げながら背中をそっていき少し前方に身体を移動させます。
・顔をお腹を見るくらいまで下げて背中を膨らませて膝がやや曲がるくらいまで後ろにいきます。
・回数は10回を1セットおこなう程度で大丈夫です。

③アイシングをおこなう

アイシング
長時間座ることにより腰や骨盤の部分に炎症が強く起こります。
可能な状況ならば仕事中でも1~2回冷やして炎症をとっておくと、骨盤に不具合が起こり難くなりヘルニア・腰痛の悪化を防ぐことが期待できます。

【アイシングの方法】
①氷嚢(アイシングバッグ)・氷・水を用意する
②氷嚢(アイシングバッグ)の中に氷を7割:水を3割ほどいれていきます
③空気が入らないように台に氷嚢(アイシングバッグ)を置きながらふたを閉めていきます。このさいに持ち上げたまま閉めてしまうと空気が入り風船のようになり接地面積が少なくなるのでアイシングの効率が悪くなってしまいます。
※湿布・アイスノンは冷やすことには不向きですので必ず氷嚢でおこなって下さい。
仕事中の場合はズボンにはさみ座りながらでも大丈夫です。

アイシングをもっと知りたい方はこちらをクリック

 

 

まとめ

今回はヘルニアの方が座る際のポイントなどについて解説いたしましたが、何より一番ご理解いただきたかったのは、ヘルニアになる原因として腰に負担がかかってなるという認識ではなく骨盤の関節が炎症や潤滑不全で機能しなくなって2次的にゆがみが起こり椎間板に圧力が加わってヘルニアが起こるという痛める順番があるということなんです。
ですので悪い座り方をしてヘルニアを起こすような腰や骨盤の状態の時にさらに負担をかけてしまうとより骨盤の機能不全を引き起こしてヘルニアの悪化にも繋がってしまうということになります。

座る際には座椅子の下に座板(ドーナツクッション)をひいて骨盤への負担を減らすことで炎症を起こしにくくして、仙骨の部分で座ってしまうととてもデリケートな関節で壊れやすい構造になっていますのでお尻のごりっと当たる部分の坐骨で座り骨盤を立てるようにして下さい。

特に長時間座るデスクワークのような方は簡単なストレッチ・歩行(腕を振って軽く歩く)・四つばいの運動をおこない骨盤への溜まった負担を一度リセットして下さい。
できる環境ならば1・2回程度氷嚢(アイシングバッグ)をつかってアイシングを骨盤にあてて炎症をとって下さい。

さらに長時間の座位があった後はほぼ骨盤・腰に強い負担がかかり炎症がたまっているので自宅にてアイシングを30分ほどおこなうことがベストです、歩く・四つばい運動なども仕事中だけでなく仕事終わりにおこなうことで身体に溜まった悪い力を抜いて関節の動きを回復させるのでおこなってください。

歩く・四つばい運動を知りたい方はこちらをクリック

少しづつの積み重ねでヘルニアの悪化を防ぐ事ができますのでおこなうことをオススメします。

京都市南区のめいじゅ鍼灸整骨院では当院オリジナルの痛くない施術法で壊れた骨盤の機能を取り戻すような施術をおこなっていきます。
ヘルニアの方にはさらにご自身でも行えるようなヘルニア改善のための骨トレなどもおこなっていきますので自身でのケアの方法も覚えていくことができます。

 

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP