京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ

自宅でギックリ腰を最短で治すコツ

すこし過剰なタイトルとなってしまいましたが、今回は急性腰痛いわゆるギックリ腰になった際に自分で行え、かつ短期間で良くするための適切な処置について解説して参ります。
「温めたほうが早くなおるよね?」「痛いんだし冷やしたほうがいいでしょ?」など悩まれている急性腰痛でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

ギックリ腰の状態を理解する

まず足首をひねったとき、患部がパンパンに腫れているのを想像してみてください。
足首ほど見た目では分かりにくいのですが、ぎっくり腰がおこってしまったときも、筋肉や関節が炎症をおこしパンパンに腫れてしまった状態になります。
ギックリ腰がおきてしまう原因は、繰り返しの動作で負担がかかる、身体が出来ていない状態で過度の運動をして痛める、座り仕事などにより骨盤に炎症がおこる、ストレスが引き金になる…etc、原因は様々です。しかし、原因が何であれ基本的に痛む箇所には炎症がある、ということに変わりはないので自分でできる処置はとてもシンプルな方法です。

正解は冷やすことが最も適切な方法となります。
痛み=炎症です。患部は読んで字のごとく燃えている状態となっているので、冷やすことが最も最適な方法となります。しかし反対に温めてしまうと火に油を注ぐことになるので炎症を強めてしまい治癒を妨げてしまいます。

患部は〇〇で冷やす

では患部の炎症=熱をとるために、何を使用するのがベストなのでしょうか?
当院ではシップやアイスノンではなく氷水いわゆる氷嚢を使って冷却することをオススメしています。
わたしが氷水をオススメする理由は、熱の移動をスムーズに行え、かつ凍傷の危険性も少ないことにあります。冷却する場所ややり方にもコツがありますが、まずは痛みのある場所に10~15分ほど行い、抵抗がなければそれを2、3回繰り返し行ってください。
凍傷には十分に気をつけてアイシングをしてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

京都で腰痛を改善したい方は「めいじゅ鍼灸整骨院」へ PAGETOP